街頭防犯カメラに設置によって見守られる安心な街とは

街頭防犯カメラに設置によって見守られる安心な街とは

街頭防犯カメラは犯罪が発生した場合の証拠映像を残すツールとして考えられています。
しかし、街頭防犯カメラの効果はそれだけではないのです。
その場所に街頭防犯カメラを設置することによって、そのエリア周辺に対しても犯罪の抑止効果が期待できるのです。
 
地方自治体・施設のオーナー・サービス提供者やそれらの利用者にも大きなメリットがあるのです。
犯罪や事件など発生した場合の証拠が得られることは当然です。
そして街頭防犯カメラに設置によって犯罪や事件そのものが減少するのは大きなメリットであり、街頭防犯カメラを設置する大きな理由となります。
 
街頭防犯カメラを設置したら、その周辺の映像を記録し続けますが、多くの場合「カメラを設置済み」であることを掲示板などで告知されます。
犯罪や事故は人間が意図的に起こす場合もあります。
過失とか無意識以外の場合は確信的で故意の犯罪です。
こういったタイプの犯罪や事件は街頭防犯カメラの設置によって減少することが確認されているのですが、その典型的な例が新宿歌舞伎町です。
 
東京でも一番賑やかでたくさんの人たちが集まっている歓楽街として世界的に有名な場所。
従来は半グレ集団や違法な客引きが目立っていて、たくさんの犯罪が行われていたエリアで不安な面も多かったです。
新宿歌舞伎町に街頭防犯カメラシステムが導入されたのは平成14年の事でした。
それ以来、犯罪抑止力も働いて、犯罪件数は次第に減少している傾向があります。
 
警視庁が公開しているデータを調べてみました。平成14年度の歌舞伎町の刑法犯の認知件数は2103件でした。
しかし、平成26年の刑法犯の認知件数は571件になっています。
これは刑法犯が4割程度減少していることを物語っています。
いかに街頭防犯カメラの効果がすごいかが分かります。
 
ちなみに路上犯罪の認知件数にしぼってみると平成14年は571件でした。
平成26年は454件となっています。こちらも2割以上の減少傾向があります。
こういった数値に関しては一概に街頭防犯カメラの影響だけとは言えません。
それ以外の取り組みや積極的な活動の成果が反映されていると考えられるでしょう。
 
ですが、街頭防犯カメラを設置した東京の他のエリアでもある渋谷エリア・池袋エリア・上野エリアも同じような減少傾向が見られます。
つまり、街頭防犯カメラが犯罪抑止に大きな働きをしたのは、間違いのない事実であると言えます。
 
犯罪者は自分の行動が街頭防犯カメラに記録されていることを知ると、犯罪を犯すことを躊躇します。
街頭防犯カメラによって犯罪が記録されて保存されます。
後日、責任を追及されて逮捕されることが想像できるからです。
こういった面で考えると街頭防犯カメラの設置と、設置したことの告知は犯罪抑止に多大な効果があると考えて間違いないのです。

街頭防犯カメラ